2016年12月23日 / by admin

違いを知ろう!スタインウェイピアノの種類

スタインウェイピアノって何?

ピアノといえば、皆さんがよく思い浮かべるのはヤマハやカワイのピアノではないでしょうか。実際に家庭向けに普及しているのはヤマハやカワイが多いですね。数あるピアノメーカーの中でもスタインウェイとは、世界3大ピアノメーカーの一つです。その歴史は古く、1836年にドイツ人のハインリッヒ・エンゲルハート・スタインウェグが自宅のキッチンで第一号のグランドピアノを完成させたことが始まりです。後に名前をヘンリー・エンゲルハート・スタインウェイと改名し、息子たちとニューヨークにSteinway&Sonsを創設しました。スタインウェイピアノは名だたるピアニストたちから信頼を得て今日まで発展をしてきたのです。今ではスタインウェイピアノといえば、ピアノを演奏する者には憧れのピアノとなっていますね。

スタインウェイのグランドピアノ

スタインウェイのグランドピアノといっても、いくつか種類があるのを知っていますか?現在日本では7種類のグランドピアノがあります。主にコンサートグランドピアノを中心としていますが、家庭向けにもコンパクトなサイズのグランドピアノが作られています。コンサートグランドピアノにはDという名前が付けられているのが特徴です。このDモデルは最高クラスの木材を重ね合わせて作られており、そこから響く音のすばらしさがコンサートに向いているのですね。家庭向けにはB、A、O、M、というモデルがあり、ピアノの大きさによって名前が異なります。

スタインウェイのアップライトピアノ

アップライトピアノといえば家庭向けのヤマハやカワイがメジャーなところでしょう。あまり知られていませんがスタインウェイにもアップライトピアノがあるんですよ。スタインウェイのアップライトピアノは他のメーカーのグランドピアノよりも一回り大きい響板が使われています。そのため、より豊かな響きを出すことができるのです。スペースの問題で家庭にグランドピアノが置けない場合も、アップライトピアノでスタインウェイの音色が楽しめたら嬉しいですね。

スタインウェイは多くの小中学校、高等学校、大学、教会などに配置されている有名なピアノのブランドです。